イベント

講演会(梅園会)

 美術館の前庭にある立礼茶室「梅園」で年に数回、講演会と茶会を組み合わせた催し「梅園会」を開催します。
 講演のテーマは、梅園会開催時に開かれている展覧会の内容にあわせて設定し、館蔵品に対する理解を深める機会としています。これまでに、「花鳥風月の日本文化」「冷泉家800年の奇跡」「元伯宗旦――侘び茶の世界」などのテーマで、茶道史研究家の熊倉功夫氏、冷泉家当主の冷泉為人氏、千里金蘭大学教授の生形貴重氏らが講演しています。
 あわせて開く立礼の茶会では、館蔵品の掛軸や茶碗を使った本格的な道具の取り合わせを通じ、季節に応じた茶の湯の楽しみを味わっていただきます。

これまでの開催

ページの先頭へ