中之島 香雪美術館

2019.04.27

  • 講演会

企画展「茶席を彩る中国のやきもの」記念講演会

中之島香雪美術館では、各界の有識者をお招きし講演会を開催いたします。

開催日 2019年7月27日(土)
開催時間 14:00〜15:30 (13:30 受付開始)
会場 中之島会館
(中之島香雪美術館と同じフロア)
(大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階)
講演テーマ 「青磁と天目 ー中国陶磁史研究の最前線からー 」
日本の茶の湯で珍重されてきた天目と青磁。近年、それらを製作した窯の発掘調査が進み、様々な新知見が得られています。本講演では、中国での実地調査や、当館所蔵品をはじめとする日本に伝わった作品をふまえながら、最先端の研究成果についてお話し頂きます。
講師 徳留 大輔さん(出光美術館主任学芸員)
参加料 1,300円
(美術館入館料を含む)
定員 250名
応募締切 7月5日(金)(当日消印有効)
徳留 大輔さん
出光美術館主任学芸員
山口県立萩美術館・浦上記念館学芸員を経て、2015年より現職。専門は考古学・中国陶磁史。出光美術館における中国陶磁の展覧会を企画するだけでなく、中国の窯跡や遺跡の現地調査、日本国内における中国陶磁の流通に関する調査を精力的に行っている。

講演会の応募方法

往復ハガキ(1枚で2名様までご応募可能)に、希望する講演名、参加希望人数、それぞれの住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、郵送でご応募ください。

 

宛先:

〒530-0005

大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階

中之島香雪美術館 徳留  大輔講演会係

 

応募多数の場合は抽選。ご当選者には返信はがきで参加証を郵送いたします。

7月5日(金)(当日消印有効)

当日、美術館受付に参加証をご提示のうえ、参加料をお支払いください。講演会入場券と入館券をお渡しします。

美術館は午前10時開館。公演前の観覧も可能です。

 

 

講演会一覧

第1回 冷泉貴実子さん講演会(冷泉家時雨亭文庫常務理事)

講演テーマ 「和歌に詠まれた四季と年中行事」

 

第2回 熊倉功夫さん講演会(茶道史研究家・MIHO MUSEUM館長)

講演テーマ 「村山龍平翁とコレクション」

 

第3回 泉武夫さん講演会(東北大学名誉教授・日本仏教絵画史)

講演テーマ「仏の金のかざり ―来迎図とその周辺―」

 

第4回 フェスティバルホール緞帳(柳橋水車図屏風)と原画(香雪美術館蔵・長谷川等伯)特別見学会と泉万里さん講演会(美術史家・大和文華館学芸部長)

講演テーマ「柳橋水車図屛風の魅力 桃山百双の幻影」

 

第5回 谷 晃さん講演会(野村美術館館長・茶の湯文化史)

講演テーマ「村山龍平と関西の数寄者」

 

第6回 藤岡 穣さん講演会(大阪大学大学院文学研究科 教授)

講演テーマ「村山コレクションの仏像彫刻―中国・朝鮮・日本―」

 

第7回 四辻 秀紀さん講演会(徳川美術館 学芸部 部長)

講演テーマ「うたと物語の美術」

ページトップへ