中之島 香雪美術館

今後の開催予定

今後の開催予定

特別展「伊勢物語 絵になる男の一代記」

2022年10月8日(土)~11月27日(日) ※会期中展示替えあり

みどころ

在原業平(ありわらのなりひら)(825~880)とされる男の一生を歌とともに綴る『伊勢物語』は、虚実混交に男の恋を中心に展開します。読者の想像をかきたてた125段の短編は、成立してまもなく絵画化され、『源氏物語』にも『伊勢物語』の絵が登場します。

香雪美術館は『伊勢物語』に関わる重要な色紙絵と写本を所蔵しています。17枚の「伊勢物語図色紙(香雪本)」は、着色絵巻では現存最古の「伊勢物語絵巻」(和泉市久保惣記念美術館)に続く良作で、数少ない中世伊勢物語絵の実像を知る上で貴重です。

また、『伊勢物語』の写本の大多数は、藤原定家が校訂した系統(定家本)ですが、香雪美術館の写本は定家本と異なり、第49段に「琴」の記述が見られる大変珍しい本文を持ちます。

本展では『伊勢物語』を知り、その絵を楽しむと共に、香雪本の作風や制作時期について考えます。同時に、古来描き継がれた伊勢物語絵の変遷にも目を向けます。千年以上も愛され続けた、絵になる男の人生を楽しんでいただけると幸いです。

 

なお、特別陳列として「幻の源氏物語絵巻」と呼ばれる「源氏物語絵巻(盛安本)」を、近年その全文が発見された「賢木巻」詞書を中心に紹介します。

特別展「伊勢物語 絵になる男の一代記」記念講演会

佐野 みどり氏 (國華主幹)

「伊勢絵と源氏絵 ―近世の古典享受をめぐって―」

2022年10月29日(土)

14時~15時30分(13時30分 受付開始)
会場:中之島会館(中之島香雪美術館隣)
参加料:500円(展覧会観覧には別途入館料が必要)

定員:120名(予定・先着順)

◆応募方法はこちら

※状況により中止の可能性があります

 

主な出品作品 ■香雪本17枚を会期中にすべて公開します。

 

第一段 春日の里 香雪美術館【前期】
第五段 関守 香雪美術館【前期】
第十四段 くたかけ 香雪美術館【前期】
第二十三段 立田越え 香雪美術館【後期】
第二十三段 筒井筒 香雪美術館【後期】
第二十三段 高安の女 香雪美術館 【後期】
第49段 若草の妹 香雪美術館
第四十九段 若草の妹 香雪美術館
重要文化財 伊勢物語絵巻 立田越え[部分] 和泉市久保惣記念美術館 【展示期間:10月25日~11月6日】
伊勢物語絵巻(小野家本) 武蔵野[部分] 個人蔵 【前期・後期で巻替え】
岩佐又兵衛 伊勢物語図 梓弓 個人蔵
俵屋宗達 伊勢物語図色紙 芥川 大和文華館【後期】
重要文化財 源氏物語絵巻(盛安本) 末摘花巻[部分] 石山寺【前期・後期で巻替え】
開催期間 2022年10月8日(土)~11月27日(日)

前期:10月8日(土)~10月30日(日)
後期:11月1日(火)~11月27日(日)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
開催時間 10時~17時
(入館は16時30分まで)
夜間特別開館 2022年10月20日(木)、11月17日(木)
10時~19時30分(入館は19時まで)

【夜間開館のみの割引】
・フェスティバルシティにお勤めの方、社員証等ご提示で200円引き
料金 一般 1100(900)円/高大生 700(500)円/小中生 400(200)円
※( )内は前売り(一般のみ)・20名以上の団体料金

【割引サービス】
・本人と同伴一名 
 朝日友の会(200円引き)、障がい者手帳(半額)
・本人のみ
 藪内燕庵維持会(200円引き)、フェスティバルホール友の会(クラブ)(200円引き)
前売り券 一般900円のみ
販売期間:2022年6月18日(土)~10月7日(金)
販売場所:中之島香雪美術館、
     フェスティバルホール・チケットセンター(06-6231-2221※10時~18時)
     
※上記以外では取り扱いがございません、ご了承ください
主催 公益財団法人 香雪美術館、朝日新聞社
協力 國華社

ページトップへ