展覧会

会期 2020年10月31日(土)~12月13日(日)
休館日 月曜日(ただし11月23日(月・祝)は開館)
開館 午前10時~午後5時(入館午後4時30分まで)
観覧料 一般 800(600) 円、大高生500(400)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催 公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社

聖徳太子は、日本仏教の「開祖」「始祖」などと評され、宗派や時代を問わず、信仰と尊崇の対象であり続けてきました。そして、鎌倉時代の太子信仰の高まりとともに、太子の功績を偲ぶ中でさまざまな美術品が生み出されました。
村山龍平(朝日新聞社創業者)が収集した当館のコレクションには、聖徳太子あるいは太子信仰に関連する作品が多く含まれています。この秋、中之島香雪美術館で「聖徳太子 ー 時空をつなぐものがたり ー」(聖徳太子像・聖徳太子絵伝修理完成記念特別展)が開催されるのに併せて、神戸御影の香雪美術館では、村山コレクションの中から、太子信仰を支えた作品と、その教えを受け継いで仏教の発展に大きく寄与した聖武天皇にまつわる作品を中心に紹介します。また、古(いにしえ)に憧れて作られた近代の作品や、村山龍平が関わり、大正から昭和時代初期に開催した飛鳥・天平文化に関する展覧会の資料など、約40点を展示します。

ページの先頭へ