展覧会

会期 2020年3月20日(金・祝)~5月6日(水・振替休日)
休館日 月曜日 ※ただし、5月4日(月・祝)は開館
開館 午前10時~午後5時(入館午後4時30分まで)
観覧料 一般 700(550) 円、大高生450(350)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催 公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社

龍と鳳凰はともに、伝説上の霊獣・神獣です。
龍は、水中ないし地中にすみ、その鳴き声は雷雲や嵐を呼び、水を制する力を持ち、縁起の良い幸運の象徴として、中国では皇帝の象徴とされました。
一方、鳳凰は、梧桐にすみ、竹の実を食べ、理想的な君主が出現した際に出現するといわれる瑞烏で、聖者・皇帝を表すものとされました。これらは瑞祥・吉祥のシンボルともされ、東アジア全域で様々な美術品のモチーフに取り入れられてきました。
本展では、当館のコレクションを形成した村山龍平の収集品の中から、龍と鳳凰を表現した作品を通して、作品に込められた意味や表現の多様性を紹介します。

梅園会(講演会と茶会)※要事前申込

●開催日    2020年4月5日(日)
●開催時間   講演:午後1時
        茶会:午後3時から
●講演     白鶴美術館 顧問 山中 理 氏
        「美術の中で 龍・鳳凰と戯れる」
●定員     50名 ※応募多数の場合は抽選
●参加費    3,500円 ※「龍と鳳凰展」展の入場料を含みます。
●参加申込方法 往復はがきに住所・氏名(返信用にも)、電話番号を明記のうえ、下記宛先まで
        お送りください。はがき1枚につき1名のみ申込みできます。申込み受付後、参加
        費事前入金の案内を書面にて連絡いたします。
        〒658-0048 神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1 香雪美術館「梅園会」係
●締め切り   2020年3月10日(火)必着

会期中の毎週土曜日、午後2時から学芸員によるギャラリートークを行います。
※ギャラリートークの聴講は無料ですが、別途展覧会の鑑賞券が必要です。

チラシプリントアウト(pdf)

今後の開催予定

  • コレクション展「茶の湯の茶碗」
    2020年5月23日(土)~7月19日(日)
    休館日 月曜
  • 企画展「生誕130年記念 髙島野十郎」
    2020年8月6日(木)~10月18日(日)
    休館日 月曜 ※ただし、8月10日(月)・9月21日(月・祝)開館
                8月11日(火)・9月23日(水)休館
  • 企画展「古(いにしえ)に憧れて 聖徳太子から聖武天皇へ」
    2020年10月31日(土)~12月13日(日)
    休館日 月曜 ※ただし、11月23日(月・祝)、24日(火)開館

※作品保護のため会期中に一部展示替えとなる場合があります

ページの先頭へ