中之島 香雪美術館

開催中の展覧会

企画展「茶の湯の器と書画―香雪美術館所蔵優品選」
※会期を延長しました

2020年6月13日(土)~8月30日(日)

     ご来館のみなさまへお願い(必ずお読みください)

 

 

         前売り券・招待券をお持ちのお客様

 

 

 

みどころ

公益財団法人香雪美術館が所蔵する多種多様な美術品の多くは、朝日新聞社の創業者である村山龍平(1850〜1933)が収集したものです。
この展覧会では、コレクションのなかから、茶の湯に傾倒した村山が茶事に用いた茶道具や、茶席を飾った平安・鎌倉時代のかな書き、南宋から元時代の墨跡などの掛軸を展示します。その他、水墨画や浮世絵などの絵画も含めて、村山コレクションの優品約80点をジャンル別にアラカルトで紹介します。
伝 西行「落葉切」は、出雲松江藩主であり茶人でもあった松平不昧が珍重した和歌の掛軸です。勝川春章「三都美人図」は、戦前の美術専門誌に掲載されて以降、百年以上表に登場したことがなく、その出現が望まれていた作品です。
※浮世絵は前期、水墨画は後期にまとめて展示します。

 

企画展「茶の湯の器と書画―香雪美術館所蔵優品選」記念講演会

内藤 正人 氏(慶應義塾大学文学部教授)

「肉筆浮世絵 美人画の精華 村山コレクションの名品を中心に」
2020年6月27日(土) 14時~15時30分(13時30分 受付開始)
会場:中之島会館(大阪市北区中之島3-2-4中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階、中之島香雪美術館隣)
参加料:500円(美術館入館には別途入館券が必要)

◆応募方法はこちらから(先着順)

※状況により中止の可能性があります

 

ギャラリートーク(学芸員による解説)

※ギャラリートークは当面の間、開催を見合わせます。再開する場合は、当ウェブサイトなどでお知らせします。

 

 

重要美術品 瀬戸「〆切茶入 銘 利休〆切」(江戸時代前期 17世紀)香雪美術館
「回也香合」(江戸時代前期 17世紀)香雪美術館
野々村仁清「色絵忍草文茶碗」(江戸時代前期 17世紀)香雪美術館
重要文化財 美濃「志野松籬図水指」(桃山時代 17世紀)香雪美術館
尾形乾山「色絵立葵文透鉢」(江戸時代中期 18世紀)香雪美術館
千宗旦「二重切花入 銘 のんこう」(江戸時代前期 17世紀)香雪美術館
喜多川歌麿「月見の母と娘図」(江戸時代後期 19世紀)香雪美術館【前期】6月13日~7月12日
勝川春章「三都美人図(三幅対のうち)」(江戸時代中期 18世紀)香雪美術館【前期】6月13日~7月12日
伝 西行「落葉切」(鎌倉時代・建仁元年〈1201〉)香雪美術館【後期】7月14日~8月30日
開催期間 2020年6月13日(土)~8月30日(日)※会期を延長しました

※会期中一部展示替えがあります。
前期(浮世絵)6月13日(土)~7月12日(日)
後期(水墨画)7月14日(火)~8月30日(日)
休館日 月曜日
<ただし8月10日(月)は開館、8月11日(火)は休館>
開催時間 10時 ~ 17時
(ご入館は16時30分まで)
夜間特別開館 2020年6月25日(木)、7月30日(木)限定で延長開館いたします。
10時 ~ 19時30分(ご入館は19時まで)
※通常は17時閉館です。

【夜間開館のみの割引】
・フェスティバルシティにお勤めの方(200円引き)
料金 一般900(700)円/高大生500(350)円/小中生200(100)円
※( )内は前売り(一般のみ)・20名以上の団体料金

【割引サービス】
・本人と同伴一名 
 朝日友の会(200円引き)、障がい者手帳(半額)
・本人のみ
 藪内燕庵維持会(200円引き)、フェスティバルホール友の会(クラブ)(200円引き)
前売り券 ◆2020年4月4日(土)~6月12日(金)
一般700円のみ
販売場所:中之島香雪美術館、香雪美術館(神戸・御影)、
     フェスティバルホール・チケットセンター(06-6231-2221)
※上記以外では取り扱いがございません、ご了承ください
主催 公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社

ページトップへ