中之島 香雪美術館

今後の開催予定

今後の開催予定

企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」

2019年12月17日(火)〜2020年3月15日(日)

みどころ

18世紀の上方の画壇は、狩野派、土佐派、文人画派、長崎派、円山派など、文字通り多士済々の様相を呈していました。中でも、円山応挙(1733-1795)の写生画は京都で大流行します。その後、応挙から教えを受けた呉春(1752-1811)と弟子による四条派は、写生画に情趣を加え、より親しみやすい画風を打出し、町衆たちに大いに受入れられました。
一方、商都として栄えた大坂では、独自の画壇が形成されていました。応挙とも関わった森狙仙(1747-1821)・徹山(1775-1841)の森派など、京都の動向に影響を受けつつ、大坂を拠点に活躍した絵師たちは多く存在します。同時に、古典の知識や教養を介さずに楽しめる四条派の絵画は、大坂にも伝わり人気を博しました。
本展では、円山・四条派を中心に上方画壇の展開に注目します。前期(2019年12月17日-2020年2月2日)は、円山派だけでなく他流派も含め京都で活躍した絵師たちを紹介します。後期(2020年2月4日-3月15日)では、京都からの影響をうけつつ、独自に花開いた大坂画壇の動向を、四条派に焦点を当ててたどります。

 

企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」記念講演会

安永 拓世 氏(東京文化財研究所 文化財情報資料部 研究員)
「京と浪花を行きつ戻りつ-絵と絵師のはざまで-」
2020年2月1日(土) 午後2:00~3:30(1:30 受付開始)
会場:中之島会館(大阪市北区中之島3-2-4中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階、中之島香雪美術館隣)
参加料:500円(美術館入館には別途入館券が必要)
◆応募方法はこちらから

 

ギャラリートーク(学芸員による解説)

・2019年12月21日(土)
・2020年1月25日(土)

・2月15日(土)

・3月7日(土)

いずれも午後3:30から45分程度、展示室にて
◆詳細はこちらから

 

 

曾我蕭白筆「鷹図」(明和4年頃1767)村山コレクション 【前期】
原在中筆「旭日双鶴図」(天明6年1786)村山コレクション 【前期】
円山応挙筆「芭蕉童子図屏風」(明和6年 1769年)個人蔵 【前期】
西山芳園筆「花鳥図」(江戸時代19世紀)村山コレクション 【後期】
松村景文筆「箭竹図」(江戸時代19世紀)香雪美術館 【後期】
森徹山筆「鹿図」(江戸時代 19世紀)冷泉家時雨亭文庫 【2020年3月3日~3月15日】
松村景文筆「牡丹小禽図」(江戸時代 19世紀)白鶴美術館 【2020年2月4日~3月1日】  ※チラシでは3月2日までとなっていますが、訂正いたします
開催期間 2019年12月17日(火)〜2020年3月15日(日)

【展示替え】※各期で作品を総入れ替えします
前期:2019年12月17日(火)~2020年2月2日(日)
後 期:2月4日(火)~3月15日(日)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
年末年始2019年12月29日(日)~2020年1月7日(火)
開催時間 午前10:00 ~ 午後5:00
(ご入館は午後4時30分まで)
料金 一般900(700)円、高大生500(350)円、小中生200(100)円
※( )内は前売り(一般のみ)・20名以上の団体料金

【割引サービス】
・本人と同伴一名 
 朝日友の会(200円引き)、障がい者手帳(半額)
・本人のみ
 藪内燕庵維持会(200円引き)、フェスティバルホール・クラブ(200円引き)
前売り券 ◆2019年10月12日~12月16日
一般700円のみ
販売場所:中之島香雪美術館、香雪美術館(神戸・御影)、
     フェスティバルホール・チケットセンター(06-6231-2221)
※上記以外では取り扱いがございません、ご了承ください
主催 公益財団法人香雪美術館、朝日新聞社

ページトップへ